top-voice

2018年の4月に挙式されました『翼さん、利枝さん』のご感想です

tit

Q1.ラ・カロッツァの第一印象.
清潔感のある白い室内に、緑が映えて、木洩れ日が綺麗な場所だなと思いました。
01
Q2.ラ・カロッツァに決めた理由.
第一条件だった、料理が美味しいことと、仲介業者が入っていないので縛られることなく、予算の見通しが立てやすかったことです。担当の池田さんの、物腰柔らかい対応に惹かれ結婚式当日までお付き合いできると思いました。
02
Q3.こだわったポイント.
予算をあまりかけずに、でも安っぽく見えないようにするため、手作りしたり、レストランならでは出来る、席次表をなくしたエスコートカード方式を取り入れ、尚且つエスコートフラワーにして可愛さを演出しました。ゲストに楽しんでもらうために、顔抜きパネルやフォトプロップスを沢山つくり、緑の色打掛に合わせ、会場全体の色味を明るく装飾しました。
04

Q4.意外だったこと.
デザートビュッフェをするか悩んでいて、男性も多いし、そんなに食べないだろうと思っていましたが、最終的にすることに決めました。当日、20種類以上のデザートが出てきて、男性も女性も嬉しそうに何度も取りに来ていました。やって良かったです!。

Q5.忘れられない場面.
実は、式前日まで家族間で揉めており、ここまで計画をしてきたのに、どんな気持ちで迎えればいいのかと思っていましたが、当日の家族の涙と感謝の言葉で、やって良かったと心から思いました。涙あり笑いありの1日で新婦の手紙の後の吉本新喜劇のテーマを流した時の爆笑が忘れられません。これも、関わってくださった皆様の助けのお陰です。

03
ラ・カロッツァへ.
1年前、ブライダルフェアに伺った時から今日まで、あっという間でした。やりたいことが沢山あってまとまらず…そんな時、池田さんから「やりたいと思うなら、やった方がよい」と言われ、当たり前の言葉に思えますが、その先には大きな山があるようでした。ですが、完成した時の達成感と会場が出来上がっていくのを見た時の込み上げてくる感情はいまでも忘れられません。池田さん、「また、したい!」と思いますよ!コンセプトに合わなくなって、使うのを諦めようとしていた水引のグラスマーカーも、池田さんのアイデアで、ナプキンリングになり、ゲストからもお褒めの言葉をいただきました。
お料理も、私は今まで、こんなに食べることに集中しているゲストを見たことがないくらいにもくもくと食べていました。本当に間違いはなかったです。ウエディングケーキも、デザインにこだわりたかったので、パティシの方としっかり打ち合わせをしましたが、予想以上に可愛くゴージャスに美味しく、友人たちの結婚式を差し置いて私のが一番だと思います!みなさん本当にありがとうございました。一生忘れられない結婚式です。
私たち、この結婚式を思い返す度に、お互いのことを再確認し、一生仲良くやっていけそうです。

ラ・カロッツァより

一年程とは思えないくらいお二人とは沢山のお話しをしたように思います。
当初からやりたい事が沢山話題に上がって楽しそうに話す利枝さん、「利枝がやりたいんだったら」と穏やかに話す翼さん、お二人の会話はいつも幸せそのものでしたね。
お衣裳選びから始まり結婚式当日までどんな時でも関わる多くの方々とのご縁を大切にされて、ご出席のゲストが決まる頃からはゲスト一人一人の人となりについて熱く語るお二人を見たり、話題が逸れて打ち合わせが脱線した事は楽しい思い出となりました。
これからも翼さんと利枝さんとは強く繋がれる事もあり本当に嬉しく思います。
家族の絆をとても強く感じる結婚式だったからこそ、これからもお二人は末永く仲の良い夫婦として頑張ってほしいと思います。
翼さん利枝さんお幸せに

電話:092-551-4608
福岡市南区寺塚2-7-16